Official髭男dism

「Official髭男dism – I LOVE…」への海外の反応

「I LOVE…」は、2020年2月12日にリリースが予定されているOfficial髭男dismの楽曲です。また、ドラマ『恋はつづくよどこまでも』の主題歌となっています。コメント欄では、待っていた甲斐があったというものや、いつも通り素晴らしい等の海外の反応がありました。
BUMP OF CHICKEN

海外「ボーカロイドとコラボするJpopアーティストをもっと見たい」BUMP OF CHICKEN feat. HATSUNE MIKU「ray」への反応

「ray」は、2014年3月12日にリリースされたBUMP OF CHICKENの楽曲です。ray feat. HATSUNE MIKUは、ボーカロイドの初音ミクをフィーチャリングアーティストとして迎え、「ray」の別バージョンとして公開...
ONE OK ROCK

海外「日本語を学ぶ理由の一つ」ONE OK ROCK – Change への反応

今回のコメントは、ONE OK ROCKの公式youtubeチャンネルに投稿されいる、Change -Japanese Ver.- からのものです。コメント欄では、この歌をファンへのメッセージだと解釈する方やスタイルが変わっても依然として好きといった海外の反応がありました。
SEKAI NO OWARI

海外「日本人は英語の発音が良くないという偏見を破った歌手」SEKAI NO OWARI – Dragon Night への反応

「Dragon Night」は、2014年10月15日にリリースされた「SEKAI NO OWARI」の楽曲です。また、映画『海月姫』の主題歌としてタイアップされた曲でもあります。コメント欄では、発音の良さを指摘する海外の反応が特に多く寄せられていました。
Mrs. GREEN APPLE

海外「日本はアニメそのものだな」Mrs. GREEN APPLE – 青と夏 への反応

「青と夏」は、2018年8月1日にリリースされたMrs. GREEN APPLEの楽曲です。また、映画「青夏 きみに恋した30日」の主題歌でもありました。コメント欄では、言葉は通じていなくてもMVから内容を読み取れるといったものや、自身の高校生時代を思い出すといった海外の反応がありました。
King Gnu

海外「君はフィリピンで何をしてるんだいw」King Gnu – Teenager Foreverへの反応

「Teenager Forever」は、2020年1月15日にリリースされるKing Gnuのアルバム『CEREMONY』の収録曲です。コメント欄では、特にボーカルの井口理さんの行動に注目した海外の反応が寄せられていました。
BUMP OF CHICKEN

海外「日本はラーメンのCMですら泣かせにくる」HUNGRY DAYS × BUMP OF CHICKEN 「記念撮影」への反応

今回のコメントは、 「HUNGRY DAYS アオハルかよ。」の「ワンピースの麦わらの一味がもしも高校生活を送っていたら」 という世界観を踏襲したBUMP OF CHICKENのMVからです。コメント欄では、ワンピースの長い歴史が5分ほどのMVにたくさん見られるということに感動している方や、ルフィの顔が見えないことを不思議に思う等の反応がありました。
Mr.Children

海外「日本からこういう音楽はもう出てこないんですか?」Mr.Children「Tomorrow never knows」への反応

「Tomorrow never knows」は、1994年11月10日にリリースされたMr.Childrenのシングルです。コメント欄では、リリースされてから20年以上たっていることもあり、懐かしんでいる方が多くいた印象です。
milet

海外「脳が彼女の声だと信じることを拒否している」milet「Drown」への反応

「Drown」は、2019年11月4日にリリースされたmilet(ミレイ)のEP『Drown / You & I』の収録曲です。また、アニメ「ヴィンランド・サガ」のエンディング曲です。コメント欄では、声が彼女から出ているのが信じられないといったものがありました。
米津玄師

海外「この歌は半分日本人であることを誇りに思わせてくれる」米津玄師 「パプリカ」への反応

「パプリカ」は、2018年8月15日にリリースされた「Foorin」の楽曲です。今回のコメントは、作詞・作曲、プロデュースを手掛けた米津玄師本人がカバーした「パプリカ 米津玄師バージョン」のMVからです。コメント欄では、ビデオを見て昔を思い出したり、夏が恋しくるなるといった声が寄せられていました。