久石譲

海外「生ける伝説 」久石譲ベストアルバム「Dream Songs」トレーラーに対する海外の反応

久石譲のベストアルバム「Dream Songs:The Essential Joe Hisaishi」が2020年2月21日に世界同日発売します。今回は久石譲公式youtubeチャンネルで、その新アルバムトレーラーに対する反応です。コメント欄では、アルバムやコンサートを楽しみにしている声が寄せられていました。
Aimer

海外「そしてjpopは世界中で人気になるんだ」Aimer 『I beg you』 海外の反応

「I beg you」は、2019年1月9日に発売されたAimerの16枚目のシングルです。また、劇場版『Fate/stay night[Heaven's Feel]』第二章の主題歌でもあります。コメント欄ではモデルとして起用されている浜辺美波さんのヴィジュアル、アラブ調の音楽、Aimerの声の綺麗さに言及している海外の方が見られました。
ONE OK ROCK

海外「アメリカは日本の音楽に目を閉ざすのを止めるんだ」ONE OK ROCK: Wasted Nights 海外の反応

「Wasted Nights」は、2019年2月13日に発売されたONE OK ROCKのアルバム『Eye of the Storm』の収録曲です。また、映画『キングダム』の主題歌でもあります。コメント欄では意外と発見したばかりの海外の方がかなりいて、いまでも新しいファンを増やし続けている様子がみてとれました。
iri

海外「太い声の日本人歌手って初めて聴いた」iri – 「Wonderland」海外の反応

「Wonderland」は、2019年3月19日にリリースされたiriのアルバム「Shade」の収録曲です。MVはソニーWALKMANとコラボレーションしたものとなっています。コメント欄では見た目と声のギャップあって初めは驚きますがすぐに好きなるという声が日本人からも海外の方からも寄せられていたのが印象的でした。
ONE OK ROCK

海外「世界がこのバンドを知る必要がある」ONE OK ROCK – I was King 海外の反応

「I was King」は、2017年1月11日 に発売されたONE OK ROCKのアルバム『Ambitions』の収録曲です。コメントはOrchestra Japan Tourのものを拾ってきました。コメント欄ではライブが録音よりも良く聞こえることに驚いていたり、オリンピックで演奏してほしい等の声が寄せられていました。
Perfume

海外「聴けば聴くほど好きになる」Perfume 「再生」 海外の反応

「再生」は、2019年11月29日にリリースされ、映画『屍人荘の殺人』の主題歌にもなっているPerfumeの楽曲です。MVはパフュームがデビューしてからリリースしたMV映像で再生成されているのが特徴です。そのMVの特徴から引退を考えてしまう海外ファンの声も寄せられたりしていました。
ONE OK ROCK

海外「これがライブコンサートのあり方」ONE OK ROCK – We are 海外の反応

「We are」は、2017年1月11日 に発売されたONE OK ROCKの8枚目のアルバム『Ambitions』の収録曲です。今回のコメントはAMBITIONS JAPAN DOME TOURのコメント欄から拾ってきました。 コメント欄では、ヴォーカルのTakaの声の感動している人や、日本の観客のマナーの良さに驚いている人も多くいた印象です。
Kan Sano

海外「これは美しい現代音楽だ 」Kan Sano – My Girl 海外の反応

「My Girl」は、2019年5月22日にリリースされたKan Sano (佐野 観)のアルバム「Ghost Notes」の収録曲です。 MVのモデルに堀北真希さんの妹であるモデルのNANAMIさんが起用されていることで話題になっていました。 コメント欄でも、彼女が誰とはわからなくとも見た目の良さに言及している海外の方がかなりいました。
BABYMETAL

海外「BABYMETALは人類のための応援歌」BABYMETAL – DA DA DANCE 海外の反応

「DA DA DANCE」は、2019年10月11日に発売されたBABYMETALの3作目のアルバム『METAL GALAXY』の収録曲です。 海外でも抜群の人気を誇るだけにコメント欄は外国語のコメントが多くなってます。 特に可愛らしさやダンスにメロメロになっている方が多く、東京オリンピックで歌ってほしいといった声もありました。
米津玄師

海外「愛らしくて大好き」Foorin team E – Paprika 海外反応

「Paprika」は、米津玄師の作詞・作曲、プロデュースによる小中学生の音楽ユニット「Foorin」の楽曲である「パプリカ」の英語詞バージョンです。 コメントではオリジナル版の時にやったように米津玄師自身で歌ってほしいといったものや、子供たちの愛らしさに注目してる声が寄せられていました。